【思春期ニキビケア】牛乳石鹸「スキンライフ」を使ってみた。

おすすめ情報

牛乳石鹸に出会って約半年、すっかりファンになりました。安いから良い商品じゃないと思っていた自分が恥ずかしい。国産で肌に合っていて安心して使える石鹸、もっと早く出会っていればよかった。そんな中、小6の息子にニキビの兆候を見つけました。彼はまだ気にしていませんが、ニキビ肌で悩んだ親としては苦しんで欲しくない。そのため家族みんなが使う洗面台の洗顔フォームを「スキンライフ」に変えてみました。

スポンサーリンク

スキンライフとは

牛乳石鹼がニキビケアのブランド展開するシリーズです。コンセプトはニキビケアだけでなく、美肌ケアもできて毎日使える牛乳石鹸のスキンライフです。

面倒くさがりな息子にちょうどいい泡タイプです。

もっちりして、きめ細かい泡です。美肌ケアもできるので母親も使っています。人前ではスキンケアに興味はないという息子ですが、こっそりと母親の化粧水を使っている思春期のお年頃です。しばらく彼の肌の様子を観察してみます。

価格も手に取りやすいお値段です。

牛乳石鹸共進社株式会社について

庶民の優しい牛乳石鹼ですが、競争が厳しいと予想される業界で堅実な経営をされている会社が気になったので少し調べました。1909年に創業されて113年の歴史を持つ会社です。株式公開はせず非上場で、株式は創業家の宮崎家が保有するオーナー企業です。関東ではCMを見かけません。しかし口コミを中心にSNSなどで「赤箱女子」がトレンド入りするなど、若い世代のファンも増やしています。またスポーツのアスリートを支援していて、ボルダリングの野口選手と契約を結んでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました